全日制HPはこちらから


   (写真をクリックすると移動します)
 

学校データ


  〒 360 - 0812
  埼玉県熊谷市大原1-9-1

  TEL  048 - 521 - 0050 (代表)
  FAX  048 - 520 - 1057   
 
101441人目の訪問者
オンラインユーザー10人






 

学校長より




 


 

本校定時制を希望されている皆さん、そして保護者の皆さん、こんにちは。私は、春山前校長先生の後任の武内道郎です。よろしくお願いします。


 熊谷高校定時制は、昭和23年創立、今年度70回目の入学式を行いました。本校は、伝統と多くの輝かしき実績を持つ活力に満ちた学校です。


 目指す学校像は

「自ら考え、判断し、目標に向かい着実に努力するとともに、他者への思いやりの心を持った心豊かな生徒を育てる学校」です。

定時制課程には、様々な経歴のある生徒さんが集まっています。男女共学です。昼間仕事をしながら、夜間に勉強しようと頑張っている人、これまで学校になかなか行けなかった人、家庭の事情から長い間仕事だけで学校に行けなかった人など様々です。

 
その人たちが一つの教室で過ごすことは、お互いに刺激があり、また、励ましあうことで絆が生まれ、4年間頑張ろうと取り組む気持ちが出てきます。本校の生徒は、そういう中で皆頑張っています。先生方も、一人一人の生徒に真摯に向かい合い、より良い成長のために頑張っています。


 それでは、平成29年度1学期の始業式に話した内容をお知らせします。


 人間のタイプには、2種類あると思っています。何か自分に事件があった時に、自分に何か原因があったのではないかとまず考える人。事件の起きた原因は、あの人、あの事が原因であると、自分以外に原因を求める人の2種類です。

もちろん、明らかに他に原因がある場合もあるでしょう。そうしないと損をしてしまう場合もあります。でも、自分にも何か原因があるのではないか、と考えてみることも必要です。道で人にぶつかったとき、いきなり「気をつけろ」と怒鳴る人。「すみません」と謝る人。怒鳴ったほうがすっきりしますが、「少しぼーっとしていたな、最近、疲れているのかな、今度は気を付けよう」と考えるほうが、その人の人間としての力量が上だと思います。反省すれば、次につながり、成長します。

世の中には、怒ってもどうしようもないことはたくさんあります。そんな時は、冷静に、自分の成長のために何がいいのかを考え、前向きに考えることが大切なのではないでしょうか。

皆さんの中に、あの人がいるから、あれがあるから自分は恵まれないのだ、と考える人はいますか。何でも他人のせいにしないで、自分の反省点を探し、その改善に努めなければ人間として成長しません。所詮、なにごとも自分次第なのです。「人のせい」にしてはいけないのです。世の中が悪いから、親が、学校が、先生が、と言っている限り、永遠に成長しません。それより、自分を変える、高めるよう考えるほうが人間は成長します。

新たな年度の始まりの学期です。目標を定め、是非、前向きに考えていきましょう。
 

以上が、始業式で話した内容です。本校を希望している皆さん、そして保護者の皆さん、人生80年の時代、ゆっくりとした学校生活も必要な時があります。是非、本校で勉学に励んでください。

 

熊谷高等学校校長  武内道郎